不動産担保ローンの前に

一般的なローンについてもお話いたしましょう。
住宅購入や教育資金など、手持ちの現金を超える出費を余儀なくされるような事態は、珍しくありません。大切なのは、借入目的や自分の収入などに照らして、借入金額にたいする返済原資が確保できるかです。
現在、金融機関によるローン商品は、不動産担保ローンを含め、多様な商品が提供されています。それらの金融商品について下記のように分類することができます。

目的別ローンとフリーローン

「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」など、借入金の使い道が限定されているのが、目的別ローンです。多くの場合、借入金は借り手を経由せずに、その支払先に直接払い込まれます。
これに対し、借入金の使い道が限定されていないのがフリーローンで、一般的なカードローンなどがこれにあたります。フリーローンは目的を詳しく説明する義務はない代わりに、金利面で少々割高となることが多いようです。

有担保ローンと無担保ローン

金融業者が、貸付金を確実に回収する手段として、土地や建物など、比較的換金しやすいものを担保にとるか否かによる分類です。不動産担保ローンは有担保の、カードローンは無担保の典型です。
こうした分類によれば、不動産担保ローンは「有担保」の「フリーローン」ということになります。

会社のバックボーンによる分類

  • 銀行、信販系の不動産担保ローン専門会社
  • 消費者金融系の不動産担保ローン専門会社
  • 独立系の不動産担保ローン専門会社
補足ですが、不動産担保ローンは名称が似ているため住宅ローンと混同されがちですが、住宅の購入に際してローンを組む住宅ローンは、購入したその不動産に担保を設定するのが一般的であり、また融資の条件でもあったりします。

しかし不動産担保ローンは、単に不動産を担保にローンを組んでいるというだけに過ぎません。自分が住居として利用していなくても、自分が所有していなくても、不動産担保ローンは利用できます。不動産担保でも住宅の購入等のために融資を受ける、住宅ローンとは同じ不動産を担保にしておりますが区別しております。
不動産担保ローンの選び方についてはこちら