融資手数料を確認しよう

融資金額から諸費用が差し引かれる

不動産担保ローンを利用する場合は契約時に諸費用がかかります。
通常は融資額から差し引かれる形となりますので、融資金額から諸費用を差し引いた金額が手元に残る金額となります。

一般的に費用が発生するのは契約時で、その内容は事務手数料、不動産査定に係る費用(調査費用等とも言う)、(根)抵当権の登記費用、収入印紙代など、融資を受けるために必要な費用を実費で負担することになります。

諸費用は呼び方も金額も、利用する不動産担保ローン会社によって異なります。
利用の際には諸費用についても考慮しましょう。

事務手数料
初回契約時に必要となる手数料
不動産鑑定費用
不動産の担保評価をする場合に必要。
社内で行う場合と、不動産鑑定士に依頼する場合もある。調査費用ともいう。
印紙代
契約金額により印紙代が決まる。
登記費用
不動産登記に関係する費用だが、支払は司法書士に支払う事になり領収書も司法書士から発行される。金額は借り入れ金額により登記印紙代、司法書士の手数料が必要。
火災保険料
長期に渡り借り入れする場合は建物に火災保険を掛け、質権の設定をする場合が多い。現在加入しているものがあればそれを利用できる場合もあります。
繰り上げ返済手数料
返済期間を長期に設定する場合、期間の途中で一括またはある程度まとまった金額を返済する場合には手数料(解約金や違約金などという)を支払う事となります。
団体生命保険料
団信と呼ばれるもの。借入人が万が一亡くなられた場合に、債務が保険により支払われるもの。利用できる金融会社が限られます。

※金融会社によって、かかる費用も異なりますので、ご利用の際には個別にご確認ください。
※申込み時に調査費等の名目で手数料をとる業者は、近年多発している融資保証金詐欺の可能性もありますので、十分に気をつけてください