不動産担保ローンの条件面をチェック

不動産担保ローン会社のいろいろな商品

ひとくちに不動産担保ローンといっても、金融会社によってさまざまな条件の商品が用意されています。
また、借りる側の事情も、それぞれでしょう。
以下のチェックポイントを参考に、候補を数社に絞ったら、実際に問い合わせてみるのがよいでしょう。

  • 金利

不動産担保ローンは比較的高額の融資を受ける場合が多いので、少しの金利の差でも、返済額に大きな差が生まれることがあります。
もちろん低金利であるに越したことはないのですが、相場から大きくはずれる低金利をうたっている場合、違法業者であったりすることも考えられますので、注意しましょう。
また、金利の数字だけではなく、固定金利か変動金利かということも重要なポイントです。
固定金利は、返済期間中、金利が変わらないもので、変動金利は市場の動向を反映して変更されます。契約時に変動金利のほうが固定金利よりも低くても、金利市場の成り行きによっては、今後、固定金利よりも金利が高くなる可能性があります。
ただ変動金利を採用している会社は多くはありません。
  • 融資金額

不動産担保ローンの融資金額は、通常、数百万円~数億円まで金融会社により異なります。
また、金融会社によって審査の方法にも差があり、同じ借主、同じ担保物件でも、審査のおりる融資金額が異なりますので、あらかじめ各金融会社Webサイト上の「無料審査」などを利用して、数社から査定をしてもらい、比較検討することをおすすめします。
ただし、審査がおりた場合も、実際に借入が出来るということではありませんし、お客様を呼ぶツールとしている場合もありますので、一応の目安と考えたほうが良いでしょう。
  • 審査スピード

不動産担保ローンは、急な資金調達に便利な金融商品です。
比較的、短時間でまとまった資金を用意できますが、資金調達のタイムリミットがある場合は、審査にかかる日数、また契約から融資実行までにかかる時間などを、前もって確認しておきましょう。
  • 担保の種類

不動産担保ローンは、不動産を担保とするので、原則として保証人、連帯保証人を立てる必要はありません。
第三者の所有する不動産を担保にして融資を受けることができる金融商品もありますが、この場合は、不動産の所有者を連帯保証人に立てる必要があります。担保の種類も、金融会社に確認すべき点です。
  • 返済について

返済方法には、元金均等返済、元利均等返済、ボーナス併用返済、自由返済、一括返済、利息払い元金一括返済など、さまざまな種類があります。
また加えて返済期間も重要なポイントです。基本的に返済期間を住宅ローン並みに長く設定することも可能ですが、金融会社やプランによって異なりますので、確認しておきましょう。
月々の返済金額は、「返済シミュレーション」でだいたいの目安をたてておくのもよいでしょう。
返済金を比較シミュレーション
返済額から借入額をシミュレーション
借入額から返済額をシミュレーション
  • その他、諸条件

融資対象年齢に制限を設けている(完済時の年齢制限の場合もあり)金融会社がほとんどです。
また中途解約や契約期間延長などの手続きがとれるかなど、返済計画を変更せざるを得なくなったときのことについても、前もって知っておく必要があります。