借り入れ前にチェックしよう

不動産担保ローンの融資額は一般的に、不動産評価額の6~8割程度

金融会社からすれば貸し倒れリスクを抑えるためですが、会社によりその割合には違いがあります。
6割で融資を受ければ金利は低くできますが、8割で融資を受ければ金利は高くなるようです。

融資時に事務手数料が必要です

不動産担保ローンの専業業者は、通常この事務手数料が必要です。
パーセンテージは会社により違うので比較検討が必要です。
その他、不動産鑑定(調査)費用が必要な会社もあります。
不動産ローン条件比較表はこちら

銀行より不動産ローンは審査が柔軟

銀行は資金使途が非常に厳しいです。
例えばおまとめローン的なものはなかなか審査が通りません。
しかしながら不動産担保ローンは基本は資金使途自由です。
聞かれないということではありません。

不動産担保ローンの大半は固定金利

変動金利が記載されていてもほとんどの場合、固定金利となります。
これは金融会社も融資金を借り入れにて調達しているためです。

長期で返済が可能かチェック

ここも非常に重要です。大手の場合は問題ございませんが、会社の規模が小さめのところは長期の借り入れは難しいと考えたほうが良いでしょう。

ローンの比較は条件、金利でいいすか?

確かにそれも大事なことなのですが、その前にまずどこで借りるか、なのではないでしょうか。ローン商品を販売している会社は非常に数多く存在し、それらひとつひとつをあたるなど、とてもでできないことでしょう。
不動産担保ローン会社を一覧で条件比較できるページを作成しましたのでご覧ください。