借入利率と返済方法を確認しよう

借入利率と実質年率は違う

借入年率(利率)とは、元本に対して支払わなければならない利息の割合を表します。契約書で年率何%と書かれているあれです。一般に使われる年率はこちらです。
実質年率(金利)とは、実際に払う利息の他に、融資を受ける為にかかった費用なども含めて、計算した利率をいいます。不動産担保ローンの場合、借入時に費用がかかりますので、費用まで含めた実質年率で判断しなければなりません。
実質年率の計算方法はこちら

返済方法について

  • 元金均等返済

    元金均等返済は、文字通り、借り入れた元金を返済回数で割った均等額と、借入元金残高に対する利息を合わせた額を毎月返済していく方法。元金均等額は変わりませんが、借入元金残高は、返済が進むにつれて少なくなっていきますので、それに応じて利息分の支払いも少額になっていきます。総返済額だけを考えると元利均等返済よりも元金均等返済の方が少なくなります。

  • 元利均等返済

    元利均等返済は、元金と利息の割合を調節して、毎月の返済金額を同額に設定するという返済方法です。返済期間中、返済額が変わりません。(初回もしくは最終回で調整)
    そのため返済の計画が容易に立てやすい反面、返済当初は元金部分よりも利息部分の割合がかなり高くなってしまい、返済当初は元金部分があまり減っていかないのが特徴です。

  • ボーナス併用返済

    ボーナス時にまとめて返済する代わりに、月々の返済額を低く抑えることができるというものです。元金を、毎月返済分とボーナス返済分に分割し、それぞれに利息をあわせた額が返済額となります。また、ボーナス返済月には、毎月の返済額にボーナス返済額を加えた金額を支払うことになります。

  • 自由返済

    毎月の最低返済額を決めて、それを上回る任意の金額を返済すれば、最低返済金額との差額分、元金分が減っていくという返済方法。余裕のあるときに多めに返済すれば、それだけ元金が減っていくので、月々決められた額を返済していく場合より、利息分を少なく抑えることができます。

  • 利息払い元金一括返済/元金据置返済

    元金の返済期限を決め、元金については期日までに一括返済することを条件に、返済期限までは、月ごとの金利のみを返済する方法。例えば不動産を売却するまでのつなぎで借り入れた場合など。

~不動産担保ローンの賢い返し方~

繰り上げ返済には月々の返済額のほかに、まとまった金額を返済することで元金が減り、返済期間を短くすることができる、あるいは繰上げ返済以降の、月々の返済額を少なくすることができるというものです。
ただし、繰り上げ返済には通常、手数料が必要となります。契約時に繰り上げ返済をする予定がなくても、念のため繰り上げ返済手数料などの情報はきちんと確認しておきましょう。