不動産担保ローンのメリットはどのようなものか

主な不動産担保ローンのメリット

  • 無担保ローンと比べると低金利(実質年率8%程度~)。総返済額が少なくなる。
  • 借りられる金額(限度額)が高い。億単位も可能。
  • 資金使途が柔軟に対応可能。
  • 返済期間を長期で組むことができ、元利金等などの支払い方法も選択可能。
  • 公的機関と比較すると、融資実行までの時間が早い。
土地や建物の不動産を担保に入れることで、他の商品と比較して、低金利でまとまった融資を受けることが可能です。他の金融機関で借りているローンをまとめてしまうこともできます。また返済期間を長期(最長25年など)に設定できるため、ゆとりを持って返済計画が立てられます。

銀行ローンなどは決められた使途での利用に限られますが、資金使途が自由なため、複数の借入先から受けたローンのまとめや、会社の開業資金・運転資金・つなぎ資金・事業資金、不動産の購入などにも利用できまます。不動産担保は、このように多くのメリットがあるのです。

ただし、不動産を担保しているリスクを忘れずに、賢く利用しましょう。デメリットの確認はこちら