すべての金融会社

About すべての金融会社

This author has not yet filled in any details.
So far すべての金融会社 has created 14 entries.

Hacked By RxR HaCkEr

Hacked By RxR HaCkEr

地銀の役割 「一国一城の主」では済まない

 地方の活性化には、地域金融機関の貢献が欠かせない。地場企業を元気にする本来の役割を果たしてもらいたい。

 金融庁が地方銀行向けに新たな指標を策定した。
 貸出先の経営改善や不振企業の再生を手助けしているか、将来性を見極めて融資しているか。

 55項目にわたる指標は、地方経済への貢献度を測る。不動産担保融資を柱とする地銀に、事業モデルの転換を促す内容と言える。

 地銀の経営環境は厳しい。

 人口減や高齢化で、主要取引先である中小企業や個人への融資は先細りになる。超低金利政策によって、預金と貸し出しの金利差である「利ざや」は縮小し、国債などの運用益も減少を続ける。

 金融庁の試算では、2015年3月期に融資などの本業が赤字に陥った地銀は、全体の4割を占めた。10年後の25年3月期には、赤字行の割合が6割に拡大する。

 問題は、多くの地銀が狭い地元で数少ない優良取引先に殺到し、低い金利で顧客を奪い合う営業活動を続けていることにある。

 貸し出しの量的拡大に依存する手法は体力を消耗させ、早晩行き詰まる。成長力のある企業を地道に掘り起こす努力を怠ってはならない。「資金需要がない」と諦めず、視点を変えて探せば、新規の貸出先はあるはずだ。

 融資先への金融庁調査でも、銀行と顧客との認識のズレが浮かび上がる。企業が銀行に求めるのは事業への理解や経営相談への対応で、低金利での融資に対するニーズは予想以上に少ない。

 地銀が向き合うべきは、顧客の多様な要望である。それに応えるだけのサービスや専門性を持たずに融資拡大と低金利競争に明け暮れていては、生き残れまい。

 新指標は、不良債権処理など銀行の健全性を最優先してきた金融行政が、銀行経営の質に、より目を向ける狙いがあるのだろう。

 地銀側も危機感を強めている。「一国一城の主」だった地銀が複数県にまたがる再編を各地で加速させているのは、その証左だ。

 先週末には、茨城県の常陽銀行と栃木県の足利ホールディングスが経営統合し、めぶきフィナンシャルグループが誕生した。

 ただし、いかに営業圏が拡大しようとも再編が即、経営基盤強化につながるわけではない。

 問われるのは地元に密着した経営改革への意欲だ。地域の産官学を媒介して商機をつかむ。人材育成や雇用確保に力を尽くす。地方再生は、地銀再生でもある。

2016年10月03日 Yomiuri Shimbun

不動産融資、バブル期上回る

不動産融資、バブル期上回る マイナス金利で流入―4~6月
時事通信 9月7日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000018-jij-bus_all

 銀行や信用金庫の不動産向け融資が急増している。日銀によると、今年4~6月期の新規貸出額は前年同期比22.0%増の3兆1271億円に達し、バブル期の1989年に記録した4~6月期のピーク(2兆7679億円)を27年ぶりに更新した。日銀が今年2月にマイナス金利政策を導入したことで、運用難に陥った資金が不動産市場に流入しているためだ。

 新規貸出額は都市銀行や地方銀行など145行と、265信用金庫の合算。不動産向けは年度末にかけて膨らむ傾向があり、今年1~3月期は15.7%増の4兆4113億円と、全四半期を通じて過去最高となった。4~6月期は1~3月期に比べて総額は減ったが、伸び率では上回り、増加ペースは加速している。

 みずほ証券の石沢卓志上級研究員は「マイナス金利政策の影響で借入金利が低下し、不動産関連企業が資金を調達しやすくなった」と指摘する。融資案件では、東京五輪・パラリンピックを控えた首都圏の再開発や、不動産投資信託(REIT)向けが増加。賃貸住宅を建てた土地は相続税の評価額が下がるため、節税目的の個人向けアパート融資も伸びた。

 バブル期には、不動産向け融資の拡大が地価高騰を招いた。その後のバブル崩壊で融資が不良債権化し、金融システム不安につながった。

 日銀は「今のところバブル的な状況ではない」(幹部)との立場を崩していない。ただ、大都市の一部では不動産価格の上昇傾向が強まっており、石沢氏は「今年後半には局所的にミニバブルが発生する可能性がある」と注意喚起する。

【株式会社エム・アール・エフ】

株式会社エムアールエフ(MRF)は、 ビジネスローンや不動産担保ローンを中心とした ご融資サービスを積極的に拡大しています。 事業を営むお客さまの金融機関として誠実に、 そして情熱をもって、「お客さまが描く夢の懸け橋」となれるよう、 その実現に向かって取り組んで参ります。

全国地価動向、下落傾向が継続

 日本不動産研究所はこのほど、2015年9月末現在の市街地価格指数を発表した。
 それによると、全国の地価動向は全用途平均で前期比(2015年3月末)0.3%の下落となった。地価下落傾向は継続したが、下落幅は縮小した。

不動産向け融資、バブル期並み

 金融機関の不動産業向け融資が高水準で推移している。国内銀行の2014年度の新規貸し出しは10兆円を上回り、バブル絶頂期の1989年度やミニバブルと言われた07年度の水準にほぼ並んだ。金融庁は、融資の焦げ付きなどで各地の地方銀行や信用金庫の経営に影響を与える恐れがないか、監視を強めている。

【ビジネスパートナー】

ビジネスパートナーの不動産担保ローンは、審査が必要ではございますが、抵当順位不問にて最高で1億円までの融資が可能です。 資金繰りにお悩みになっている事業者の方はぜひご相談下さい。不動産担保ローン担当職員が対応させていただきます。

ヴィンテージ(旧ライブドア不動産)とマキコーポレーションが破産

不動産担保金融を手掛けるヴィンテージ(旧ライブドア不動産)が3日、東京地裁から破産手続の開始決定を受けた。またマキコーポレーションも1日に同様の措置を受けている。ともに『帝国データバンク』が報じた。

不動産装い高利貸 容疑で業者7人逮捕

不動産を担保にした融資を装い、手数料や違約金の名目で金を徴収し、実質的に高金利の貸し付けをしていたとして、警視庁生活経済課は十七日、出資法違反(高金利など)の疑いで、貸金業「アメリカン・フィナンシャル・ダイレクト」(東京都港区赤坂)の実質経営者ら七人を逮捕

【株式会社セゾンファンデックス】

セゾンファンデックスは、VIPローンカード・生活支援ローン・不動産担保ローン・事業者ローンなどさまざまな商品を取りそろえています。《セゾン》カードでおなじみのクレディセゾングループのセゾンファンデックスにご相談ください。