2014年の不動産担保ローン関連ニュース

2014年に起きた不動産担保ローンなどの金融関連ニュースについて、時系列にて取り上げて紹介します。

ヴィンテージ(旧ライブドア不動産)とマキコーポレーションが破産

不動産担保金融を手掛けるヴィンテージ(旧ライブドア不動産)が3日、東京地裁から破産手続の開始決定を受けた。またマキコーポレーションも1日に同様の措置を受けている。ともに『帝国データバンク』が報じた。

不動産装い高利貸 容疑で業者7人逮捕

不動産を担保にした融資を装い、手数料や違約金の名目で金を徴収し、実質的に高金利の貸し付けをしていたとして、警視庁生活経済課は十七日、出資法違反(高金利など)の疑いで、貸金業「アメリカン・フィナンシャル・ダイレクト」(東京都港区赤坂)の実質経営者ら七人を逮捕