日本不動産研究所はこのほど、2015年9月末現在の市街地価格指数を発表した。
 それによると、全国の地価動向は全用途平均で前期比(2015年3月末)0.3%の下落となった。地価下落傾向は継続したが、下落幅は縮小した。
 一方で三大都市圏では、地価上昇傾向が継続。東京圏は全用途平均で同0.5%上昇、大阪圏は同0.3%上昇、名古屋圏は同0.2%上昇だった。

住宅新報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00000005-jsn-ind